天神祭

天神祭とは

大阪の「天神祭」は東京・神田祭、京都・祇園祭とともに日本三大祭りの一つと言われ、毎年130万人もの人が訪れる夏の都市大祭です。

天神祭は、大阪市内の天満にある大阪天満宮の氏地を中心に、毎年、宵宮が7月24日、本宮が翌7月25日に定められ、賑やかに行われます。

陸渡御

陸路で氏地を巡る陸渡御。
大阪天満宮の氏子・崇敬者たちで結成された「講」と呼ばれる多くの団体が、渡御の御供を行う行列を仕立てます。
渡御とは神様がお出ましになるという意味だそうです。
この講社を中心に総勢3千人余りの団体が、色彩豊かな衣装を身にまとい、神具を携えて渡御の御供をする様は、絢爛優美で時代絵巻さながらの光景です。

船渡御

船渡御で航行する船は100隻あまり、また船渡御の途中、御鳳輦船の上で、神様に氏子や市民の暮らしぶりをご覧いただき御加護を祈願する「水上祭」が行われています。

奉納花火

神様にご覧頂くために本宮の日に打上げるのが「奉納花火」です。
船渡御が始まり、しばらくして辺りがだんたんと暗くなってきた頃、神様にご奉納する華麗な打上げ花火が開始されます。
大川をはさみ2ヵ所から打上げられる花火は総数3000発~。

陸渡御のコース

総勢3000人の大行列が船渡御の乗船場である天神橋までの間を、老松町通、新御堂筋、市役所北側を通って約3kmのコースを歩いていく。

14:50 大阪天満宮境内

大阪天満宮の境内では催太鼓が当屋から出され、何度も揺さぶられながら境内を練っていく。

15:30 天神橋一丁目付近

正門前の旧天神橋筋を南下、左古田法律事務所前で西に向きを変える。

16:00 西天満交差点付近

西天満小学校横を抜けて西天満交差点を通過、老松通りを西に進む。

16:30 陸渡御 老松通り付近

西天満 老松通り

 

元太鼓中総代を務めた西川家の前で手打ちをしたあと、老松通りから御堂筋に出る。

17:00 大江橋を渡って大阪市役所前を通過

大阪市役所前では「からうす」が披露される。
ひとしきり「からうす」が行われたあと再び催太鼓は台車にのせられて進む。

17:30 天神橋北詰(乗船場)に催太鼓が到着

終盤にかかると徐々にスピードを上げ、難波橋北詰を右折し船渡御の乗船場に向かう
乗船場のある天神橋北詰には多くの見物人が詰めかける。

西天満 老松通りでかき氷します

 

西天満 老松通り

西天満 イタリアン ビストロ ア ヴァン オールージュ

露店の場所は西天満4丁目の 「ビストロ ア ヴァン オールージュ」さんの前で

こちらではおつまみとビールなど、暑さをしのぐために店内でくつろげます。

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270103/27051487/

焼き鳥の「渡り鳥」 からあげ 無料!

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270103/27027081/

鴨と日本酒の「五角」 未定

https://r.gnavi.co.jp/1f5647rf0000/

ベルマリアージュはかき氷します! かき氷 無料

今回は西天満の異業種交流会「十刻者」メンバー有志によるものです。

ベルマリアージュもこのメンバーです。

I LOVE ♡ 老松

I LOVE 老松

西天満老松通りは今熱いんです。

たくさん新しいお店ができています。おしゃれな個人のお店ばかり。みんなとってもがんぱっています。「西天満ってどこ?」って聞かれる方も多いので、私たちは西天満を広める活動をしています。

みなさんぜひ西天満老松通りに遊びに来てくださいね。

The following two tabs change content below.
山添 智子
結婚アドバイザー/ 姉と会員様のお見合いから成婚までを丁寧にサポートいたします。 20代の子を持つ母親でもあるので会員様とわが子のように向き合い幸せな未来へとつなげます