彼、お兄さんみたいな人だったんですが・・・

彼女はベルマリアージュには26歳の夏から在籍していてもう1年半なのでなんか娘のような会員さんでした。結婚が決まって1月いっぱいで寿退社したそうでやっと時間ができたと結婚の挨拶に来てくれました。彼のどこが良かったの?私が一番聞きたかったのはまさにそこ!以前半年も交際していた人とはご縁がなかった彼女が結構電撃的にその人に決めた理由をどうしても知りたかったんです。

末っ子の彼女は初めからお兄さんみたいな人がいいなって言ってました。でもそこはまだ26歳でしたから少しでも歳が近くできたら背が高い人で優しい人がいいなって。決め手はその彼がどんな時も否定しないでいいよって言ってくれるところなんだそうです。4歳年上で顔はかなりおじさんぽい?。。。でも人の悪口を言わず彼女の失敗やわがままをにこにこと大丈夫だよって慰めてくれたり励ましてくれたりしてくれる彼なんだとか。

初めは好きな気持ちよりただ一緒にいて安心できたり尊敬できたりどまりだったのに、ある日彼の勤務先が少し距離のあるところに異動になってしまったのです。その時にまだ彼女は他の人ともお見合いを続けていたのですが彼から他の人には取られたくない、結婚考えてほしいと言われ、お兄さんみたいな人だったのにその瞬間思わず、私も結婚します!って言っちゃったそうです。

綺麗なバラ1 300x200 - 昨年12月に結婚決まった元会員さんが挨拶に来てくれました。決め手は???

今までのお見合いを振り返って

彼女に今までの数々のお見合いのどんなことが嫌だった?って聞いたら真っ先に挙げたのが、男性が職場の上司や年上の女性社員さんのことを悪く言うことだとか。彼女からしたら見ず知らずの人の悪口を聞かされてもどう返答していいかわからないしちっとも楽しい気分になれないと。ほんとにその通りですよね。また彼女がデートでガウチョパンツをはいていったときお相手の男性が無意識なのか無神経なのか?すその広がってるパンツってきらいなんですよね~と言われてあぜん!(心の中で、え~私今はいてるのに目の前で言う??)せめて真剣交際にはいったときに彼女に対して僕はスカートの方が君には似合うと思うから今度はこういうの着てきてくれたら嬉しいなとか、普通はかなり気を遣って言いますよね?

他にはせっかく気候の良い時に京都に出かけた時に有名な神社やお寺や公園などには全く行かず自分の気に入ったお店ばかりつき合わせたとか?今は幸せ絶頂の彼女もお見合いや初期の交際期間には嫌な思いをいくつもしていたんだな~って改めてもっとこちらから聞き出してあげたら良かったなと反省しきり!でも彼女はせっかく会ってくれている人にそんなこと言ってはダメなのかなと思っていたそうで、結局彼女もいい子ぶっていたそうです。本当の自分を出せずにずるずると過ごしていたんだとか・・・悪く思われたくない!そんな気持ちは誰しもありますよね。ましてや女性の方はどんな人でも相手から断られたくない心理が働くようです。ちょっと無理をして物わかりの良い女を演じてしまうみたいです。でもそれって結局続かない。それで気が付いたんですね~一番居心地の良い場所はどこなのか。どうかやっと見つけた居心地の良い彼とずっとお幸せに!

お見合い

最近結婚式をしないカップル増えていますね・・でも是非写真を!

彼女に結婚式の日取りは決まったの?と聞いたらするつもりないんですと。でも絶対にドレスの写真は撮ってね~とお願いしておきました!そういえばうちの卒業生の中でも結婚式していないというカップルが何組かいましたね。結婚式の費用がもったいないからとマンションのリフォームにそのお金回しましたとか、新婚旅行先のハワイで二人だけで上げてきましたとか。それはお二人で納得いくようにちゃんと話し合って決めたらいいのでしょうが絶対にお薦めしたいのはドレスアップしてお二人で写真を撮ることです。最近は婚活写真でもあるように綺麗な公園や海の近くなどで出張して撮影してくれるところもあります。少し豪華なフォトフレームにその写真を入れて是非新居に飾ってほしいものです。女性はやはり一度は真っ白なウエディングドレスを着て愛する人と写真を撮ることで結婚への覚悟もできると思うのです。

先月元社員だった女性から残念なことに離婚するという知らせが来ました。そういえば昨年初めできちゃった婚で結婚式どころかおなかが大きくなってばたばたと結婚したせいなのか?結局写真も撮らずじまい・・・生まれてきた可愛いお嬢ちゃんの写真ばかり届いていましたが・・・二人の本当の絆を深める間もなくパパとママになってしまった二人。離婚してしまった今となっては写真なんか無くて良かったのかもしれませんが結婚を決めた時にちゃんと撮っておけば二人の絆の原点になってくれたかもと思ったりしています。

さて再び幸せいっぱいの彼女、本来あまり子供好きでは無かったのですが彼がすごく子供好きなのでできたら欲しいなって最近思うんですと満面の笑顔で話してくれました。じゃあ子供にも自慢できるような絶対素敵なウエディングドレスの写真撮って送ってね!とお願いし、彼女の末永い幸せを心から願ったのでした。

結婚式

 

 

 

The following two tabs change content below.
小山隆子
結婚アドバイザー/ベルマリアージュ代表 結婚はしたいけど・・・夜一人になった時このままずっと一人なのかな。ほんとに結婚できるのかな。親にも同性の友人にも相談できず悩み不安になることってありませんか?会員様の心に寄り添い安心と希望を与え楽しく婚活できるように導く世話好きおばさんです。